モバイルコンビニ・ユーザ利用規約

本利用規約は、株式会社TSKが、株式会社MCステーション(以下「当社」といいます)のシステム等を利用して会員向けサービスを実施するにあたり、当社・ユーザ間で、その利用条件等を定めるものです。

(定義)
第1条 本契約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。
一 本システム 当社がアプリケーション・サービス・プロバイダとしてユーザに提供する、WEBサイトシステム(インターネットを介した商品購入のためのシステムを含む)及び付随ソフトウェア等をいいます。
二 クライアント 本システムを自己の会員に利用させることを目的として、当社との間でモバイルコンビニ・クライアント契約を締結した者をいいます。
三 会員 クライアントが、当社に対し、自己の会員として指定した者をいいます。
四 ユーザ 会員のうち、本規約に基づき、当社との間でモバイルコンビニ・ユーザ契約を締結し、本システムを利用する者をいいます。

(適用範囲)
第2条 本規約は、本システムの利用に関する当社とユーザとの間の契約関係(モバイルコンビニ・ユーザ契約)に適用され、ユーザは本規約を遵守するものとします。
2 当社が本システムの利用に関して別途細則等を定めた場合には、当該細則等は本規約の一部を構成するものとします。本規約と細則等が抵触する場合は、細則等が優先して適用されるものとします。
3 本規約と個別の利用契約の規定が異なるときは、個別の利用契約が優先して適用されるものとします。
4 本規約は強行法規に適合する限りで有効であるものとし、本規約の一部が無効である場合にも、その余の部分は有効であるものとします。

(ユーザ登録、本契約の成立)
第3条 会員は、本システムの利用を希望する場合、本規約を承諾した上で、当社に対し、所定の方法により、必要事項を登録して、ユーザ登録を行うものとします。会員でない者は、ユーザとなることはできません。
2 本契約は、前項のユーザ登録を当社が承諾した時に、申込みをした会員と当社との間で成立するものとします。当該会員は、当該承諾の時からユーザとなります。当社は、適当でないと判断した申込みについて、承諾しないことができます。
3 当社のユーザに対する意思表示又はその他の通知は、第1項の登録時にユーザが指定したメールアドレスに対する電子メールの送信その他の方法により行うものとします。
4 ユーザは、第1項の登録事項に変更があった場合には、所定の方法により、速やか変更手続をしなければならないものとします。当該変更手続の遅れにより、商品誤配等の事態が発生したとしても、当社は責任を負いません。

(利用許諾)
第4条 当社は、ユーザに対し、ユーザが本システムを利用することを許諾します。
2 ユーザが本システムを利用するための費用(通信費用等)は、ユーザの負担とします。

(仕様)
第5条 当社は、コンテンツその他本システムの内容について、当社の判断により自由に変更することができ、当該変更について事前又は事後にユーザに通知することも要さないものとします。

(個人情報の取扱い及びクライアントへの提供)
第6条 当社は、当社が取得したお客様の個人情報について、次の目的(以下「利用目的」といいます)のために利用いたします。
一 お客様が当社の会員としてサービスを利用する場合
・ 当社のサービスに登録された会員としてサービスを利用する場合、ログイン時およびログイン後における本人認証、各種画面における会員情報の自動表示
二 当社の提供する取引の遂行
・ お客様が商品または役務の予約・入札・購入、プレゼントなどの応募、その他の取引を申し込まれた場合には、商品の配送、役務の提供、代金決済、お客様からのお問い合わせへの対応、当社からお客様へのお問い合わせ、関連するアフターサービス、その他取引遂行にあたって必要な業務
三 お客様からのお問い合わせへの対応
・ お客様から当社になされる、電子メール、郵送、電話などによるお問い合わせに対する対応
四 その他業務に付随する場合
・ 上記一から三に付随して、当社のサービス提供にあたって必要な利用

2 当社は、ユーザ登録その他本システムの利用によって当社が取得したユーザの個人情報を、当該ユーザを会員として指定したクライアントに対して提供できるものとし、ユーザはこれを承諾するものとします

(当社及びクライアントによる電子メール広告等)
第7条 当社及びクライアントは、ユーザの承諾を得た上で、ユーザに対し、電子メールによる広告及びメールマガジンその他の通知を送信できるものとします。

(ID及びパスワード等の管理)
第8条 当社がユーザに対し本システム利用のためのID及びパスワード等を発行した場合には、ユーザは、第三者による不正使用を防ぐため、これらを自己の責任において厳重に管理(パスワードの適宜変更を含む)し、第三者への開示・貸与・共有を行わないものとします。
2 前項のID及びパスワードを用いてされた行為(商品購入を含む)は、全てユーザによる行為とみなし、ユーザが代金支払いその他その責任(代金支払いを含む)を負うものとします。ID及びパスワードの不正使用によって、当社の過失なくユーザに損害を生じた場合、当社は、一切の責任を負わないものとします。

(ID又はパスワードの再発行)
第9条 ユーザがID又はパスワードを忘失した場合、当社は、ユーザからの請求により、登録メールアドレス(ユーザ登録時に登録された電子メールアドレス及びユーザ登録後に登録変更されたメールアドレスをいう。以下同じ)にメールを送信し、所定の方法によりユーザ本人であると確認することができた場合には、ID又はパスワードを再発行するものとします。ただし、ユーザが当該メールを受信することができない場合には、ユーザは、ID又はパスワードの再発行を受けられません。
2 ユーザは、ユーザになりすました第三者によるID又はパスワードの再発行を防止するため、登録メールアドレスに係るID・パスワード等を厳重に管理(パスワードの適宜変更を含む)し、第三者への開示・貸与・共有を行わないものとします。
3 第三者がユーザの登録メールアドレスを利用してID又はパスワードの再発行を受けた場合には、再発行後のID又はパスワードを用いてされた行為についても、前条第2項と同様とします。

(当社からの連絡)
第10条 当社は、本システムの利用(本システムを利用した商品購入を含む)に関し、ユーザに対して、電話、郵便、電子メールその他適宜の方法により、連絡を取ることができるものとします。

(禁止事項)
第11条 ユーザは、本システムを利用して、以下の行為を行ってはならないものとします。
一 法令、公序良俗又は本規約に違反し、又は違反するおそれのある行為
二 当社、クライアント、会員、ユーザ、その他の第三者が有する権利若しくは利益を侵害し、又は侵害するおそれのある行為
三 本システムに虚偽の事項を登録した場合
四 本システムの内容や本システムにより利用しうる情報を改ざんし、又は消去する行為
五 本契約に反して第三者に本システムを利用させる行為
六 他者を差別し、誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為
七 有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為
八 第三者の承諾を得ることなく、第三者に広告、宣伝若しくは勧誘のメールを送信する行為
九 本システムのリバースエンジニアリング(逆アセンブル、逆コンパイルその他の方法によるプログラムの調査・解析)を行う行為
十 その他本システムの利用若しくは運営に支障を与え、又は与えるおそれのある行為

(反社会的勢力)
第12条 当社およびユーザは、自らが「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」にいう暴力団およびその関係団体等(以下併せて「反社会的勢力」という。)でないこと、反社会的勢力でなかったこと、反社会的勢力を利用しないこと、反社会的勢力を名乗る等して相手方の名誉・信用を毀損しもしくは業務の妨害を行いまたは不当要求行為をなさないこと、自己の主要な出資者または役職者が反社会的勢力の構成員でないことを表明し、保証する。

(本システムの利用中断)
第13条 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザへの事前の通知又は承諾を要することなく、本システムの全部又は一部の利用を中断することができるものとします。
一 本システムに係る設備等の点検、修理、改良等を行う場合
二 運用上又は技術上の理由でやむを得ない場合
三 その他天災地変など不可抗力の事態が生じた場合
四 第12条に違反し、または同条の表明保証に反する事実が発覚(報道されたことを含む。)した場合
2 当社は、前項の利用中断によりユーザ又は第三者が損害を被った場合にも、一切責任を負わないものとします。
3 第1項の利用中断が生じた場合にも、ユーザは、当該期間の会費を支払う義務を負うものとします。

(退会)
第14条 ユーザは、所定の方法により、いつでもユーザ登録を取り消して退会し、本契約を終了させることができます。
2 ユーザを自己の会員として指定したクライアントと当社との間のモバイルコンビニ・ユーザ契約が終了した場合には、当然にユーザ登録が取り消されてユーザは退会し、本契約は終了するものとします。
3 前2項の規定にかかわらず、当該ユーザがユーザ登録取消しの時までにモバイルコンビニ・商品購入利用規約第3条第1項の売買契約を締結していた場合には、当該売買契約に関して代金支払いその他の履行が完了するまでの期間、当該履行に必要な限度で本契約が存続するものとします。

(ユーザ資格の取消し・停止)
第15条 ユーザが下記各号のいずれかに該当する場合には、当社は、当該ユーザのユーザ資格を将来に向けて取り消して本契約を終了させ、又は当該ユーザのユーザ資格の全部又は一部を停止してユーザに提供するサービスを制限することができるものとします。ユーザ資格の取消しは、当社が、当該ユーザに対し、あらかじめ合理的な期間を定めてその是正を催告した上、当該期間内に是正がない場合に行うものとします。
一 法令、公序良俗又は本規約に違反する行為を行った場合
二 モバイルコンビニ・商品購入利用規約第3条第1項の売買代金の支払いを怠った場合
三 ユーザを自己の会員として指定したクライアントが、当該指定を取り消し、停止し、又はこれに類する措置を取った場合
四 最終利用時から起算して1年間本システムを利用しなかった場合
五 第13条に違反し、または同条の表明保証に反する事実が発覚(報道されたことを含む。)した場合
六 その他当社が必要と認める事由があった場合
2 当社は、前項の措置につき、一切の責任を負わないものとします。
3 第1項の規定にかかわらず、当該ユーザがユーザ登録取消しの時までにモバイルコンビニ・商品購入利用規約第3条第1項の売買契約を締結していた場合には、当該売買契約に関して代金支払いその他の履行が完了するまでの期間、当該履行に必要な限度で本契約が存続するものとします。

(情報の削除・公開停止、保存・第三者への開示)
第16条 当社は、ユーザが本システム上のWEBサイトにおいて公表した情報に法令、公序良俗又は本規約に違反する不適当な内容が含まれると判断した場合には、ユーザに対しその旨を通知し又はその承諾を得ることなく、当該情報の削除、公開停止その他の措置を取ることができるものとします。
2 当社は、前項の場合その他当社が必要と判断した場合には、当該情報の保存、当社が適当と判断する第三者への開示その他の措置を行うことができるものとします。
3 当社は、前2項の措置につき、一切の責任を負わないものとします。

(不保証事項)
第17条 ユーザが本システム内に記録したデータのバックアップはユーザの責任において行うものとし、当社は当該データの正確性を保証しないものとします。また、当社はバックアップデータの保管・開示義務を負わないものとします。
2 当社は、本システム上のWEBサイト及び当該WEBサイトからのリンク先のWEBサイトにおいて当社以外の者が公表している情報(当社が第三者に公表させた情報を除く)の真実性、適法性その他その内容について一切保証しません。

(当社の損害賠償義務)
第18条 ユーザが本システムの利用によって損害を被った場合、当社は、債務不履行責任、不法行為責任その他法律構成の如何を問わず、当社の責めに帰すべき事由によって直接かつ現実に生じた通常の損害についてのみ責任を負い、間接損害、逸失利益及び特別の事情によって生じた損害については一切の責任を負わないものとします。ただし、当社に故意又は重大な過失があった場合には、この限りではないものとします。
2 当社は、次の事由によって生じた損害につき、責任を負わないものとします。
一 天災地変、戦争、暴動、労働争議、交通機関の障害
二 通信設備、インターネット接続サービス、本システムを構成するハードウェア及びソフトウェアの障害
三 第三者による不正アクセス、通信経路上での傍受その他の不正行為
四 当社以外の者が本システム上のWEBサイトで公表した情報(当社が公表させた情報を除く)
五 本システム上のWEBサイトからのリンク先の情報(当社が当該情報を公表した場合を除く)
六 ユーザによる規約違反行為
七 その他当社の責に帰すべからざる事由

(ユーザの損害賠償義務)
第19条 ユーザが、故意又は過失によって当社又は第三者の権利を侵害した場合には、当該ユーザはこれによって生じた損害(弁護士費用を含む)を賠償する責任を負うものとします。
2 当社は、ユーザが本システムを利用することにより第三者との間で紛争を生じた場合にも、一切の責任を負わないものとします。当該紛争のために当社において第三者への損害の補償、弁護士費用その他の費用を支出した場合には、ユーザは、当社に対しその費用を支払うものとします。

(本規約の変更等)
第20条 当社は、必要であると認めた場合には、ユーザに通知することなく、本規約及び本規約に付随する規定の内容を変更、新設又は削除することができるものとします。
2 前項の場合において、当社が当該変更、新設又は削除をユーザに通知した後、ユーザが本システムの利用を継続した場合には、ユーザは当該変更に同意したものとみなします。

(本システムの変更・廃止)
第21条 当社は、その自由な判断により、ユーザに通知することなくいつでも本システムの全部又は一部を変更し、又はこれを廃止することができるものとします。当社が本システムの全部又は一部を廃止した場合には、廃止日をもって、当該廃止に係る本契約の全部又は一部は解約されるものとします。当社は、本システムの全部又は重要な一部を廃止する場合には、事前に充分な告知を行うよう努めるものとします。
2 当社は、前項の措置につき、一切の責任を負わないものとします。

(合意管轄)
第22条 当社とユーザとの間で訴訟が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上