お便り紹介(10月)・鎌倉中央

9/8日から9日にかけての台風15号は、鎌倉にも停電の被害をもたらしました。ASA店舗は大丈夫でしたか?
由比ガ浜/Hachiman様(60代)


店舗はおかげさまで何事もなく多くの皆さまから「休刊日で良かった」とお寄せ頂きました。「2晩3日の停電、二階堂の皆さんに声をかけて頂いてありがたかった」「源氏山は酷い爪痕」「商店街のゲートが倒れビルの窓を直撃」「裏山の木が倒れた」「電気のない不便を痛感」「植木・道路の土砂片付けが大変」等のお便りも頂戴しました。被害の大きかった千葉を始めとする皆様の早い復旧を心よりお祈り申し上げます。


毎週火曜日午後1時〜 3時、きらら鎌倉太極拳クラブは見田体育館で活動していて、とても楽しいです。
二階堂/タマ様(50代)


一の鳥居にほど近い住宅地にある見田(みた)記念体育館は篤志家により市に寄付された施設だそうです(車の送迎不可)。


先月の募集テーマより
《秋を感じるのは…》


夜に虫が鳴きだすと秋を感じますね。ご飯もおいしくなります!
由比ガ浜/マップパパ様(40代)


日中は暑いさなかでも、誰に教わるでもなくちゃんと鳴きはじめるのですから、けな気ですね。

梨・ぶどう、秋の果物が店頭に並び選ぶのに迷います。食欲の秋ですね。
長谷/O様(70代)


梨もぶどうも最近は種類が豊富ですから迷いますね。栗やさつま芋なども楽しみです。


新作のチョコレートのお菓子がスーパーに並んでいるのを見ると「チョコレートが解けない気温=秋」と思います。
浄明寺/ドナドナ様(40代)


季節のイベントなどもお店の品ぞろえで知ることあります。洋服なども先取り季節感満載ですね。


生筋子が店頭に並んで秋を感じます。ほぐして醤油漬けにし、炊きたての新米にたっぷりかけて、この時期だけの最高のご馳走です。
佐助/C様(40代)


特に秋の始まり位の生筋子は卵の皮が軟らかく口ざわりもイイですね。その分ほぐす時破れやすいですが…。浄明寺/ソフィ様(40代)も「娘が大好きないくらを作るために、お金に余裕がある時は奮発」。


お月見です。部屋の灯りをすべて消して、ただお月様を眺めていると、知らず知らず呼吸もゆっくり、風を感じて良い時間です。
扇ガ谷/J様(60代)


毎日忙しくしているとじっくり夜空を眺めることも忘れてしまいそうですが、夜空を照らす月を眺めて心が洗われるひと時を過ごしたいです。十五夜、十三夜の他にお月見メインではないものの収穫や田を守ってくれたかかしに感謝する十日夜(とおかんや) という風習がある地域もあるそうで、今年は11月6日だそうです。


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

百舌/鎌倉中央
らーめんとカレーの店 蓮/鎌倉中央