なるほどサイエンス(「弱いロボット」が目指す寛容な世界)

「弱いロボット」が目指す寛容な世界

 
先日、豊橋技術科学大学の岡田美智男教授の話を聞きました。「弱いロボット」の研究を20年以上も続けています。
 
えっ、「弱いロボット」?
人の支えを借りながら、おもしろい行動をする。そんなロボットのことです。
 
たとえば「ゴミ箱ロボット」はゴミ箱の形をしているのに、自分ではゴミを拾えません。そのかわり、よたよたと人に近づき、そばでもじもじ。それに気づいた人がゴミを拾って中に入れると、体を少し傾けて「お辞儀」をします。
 
「手伝ってあげた方も、まんざら悪い気はしないでしょう」と岡田さん。
 
そんな研究を岡田さんが続けているのには、深いわけがあります。
 
私たちは「一人でできる」ことをよしとする文化の中で育つてきました。ロボットにも一人でできることを求め、機能が高まると、いろいろな仕事を担わせるようになりました。しかし、その過程で人とロボットとの距離はどんどん遠ざかり、人はロボットのミスに不寛容になっていきました。
 
「ロボットの機能が高まるほど、人の傲慢ごうまんさを引き出すのかな。世の中のいろいろなところで、同じような状況が生まれつつある」と岡田さんは指摘します。
 
そもそも人は他者とのコミュニケーションの中で生きています。その片方をロボットに置き換えることで人と人との関わりを考え、ロボットの設計に生かすのが研究の狙いです。
 
「人とロボットの共生を議論する手がかりにしたい」と岡田さん。介護の現場などからの講演依頼も多いそうです。

朝日新聞編集委員 上田 俊英



<< クレソンとキウイ…
故に世の中おもし… >>
一覧へ

▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

百舌/鎌倉中央
らーめんとカレーの店 蓮/鎌倉中央