森あそび手帳(スノーフラッグス)

スノーフラッグス



雪が降り積もった朝、数家族で雪野原へ散歩に出かけたら、「スノーフラッグス」で盛り上がってみませんか。雪の上に木の枝を突き刺し、離れた所で枝に足の裏が向くようにうつ伏せになります。あとはよーいどん!で、一斉に起き上がってスタート。誰が1番に枝を取るかを競って遊びます。

フワフワの雪は、思い切って頭から飛び込んでも大丈夫! 刺す枝は、人数よりも1本減らすのが基本です。可能であれば、枝はツル性のグニャリと曲がるようなものが良いでしょう。え? 大人と子どもじゃ勝負にならないですって? そんな場合、大人は20m、子どもは10m離れた所からスタートします。くれぐれも四方八方からスタートしないように。頭をゴッチンコしちゃいますから……。
 
ある日、リンゴを一つ、雪に刺した枝の上に置いてみると、いつも以上に大盛り上がりでした!

※森林文化協会(www.shinrinbunka.com)発行の月刊誌「グリーン・パワー」の連載を再構成しました。


<< 銀幕を生きる(俳…
旅のアクセント(… >>
一覧へ

▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

百舌/鎌倉中央
らーめんとカレーの店 蓮/鎌倉中央