お便り紹介(8月)・鎌倉中央

先日、坂ノ下で地引網をしてきました。様々な魚に子どもは大興奮でした。鎌倉の海の豊かさを改めて感じることのできるいい機会でした。
御成町5丁目/C様(30代)


気持ちを揃えて網を引いて、地元の海にこんな魚がいる!伝統的な漁を体験出来て良かったですね。


年末から飼い始めた犬との早朝と夜の散歩の日々の中、鎌倉の季節を身近に感じ過ごす毎日となりました。
 笹目町9丁目/まーく様(50代)


ワンちゃんがいてくれるおかげで得るものがたくさんですね。


夏になると海へと続く道は車・車・車…。「駐車場空いてるのかな?」と横目に私たちは自転車でスイスイ…。鎌倉は自転車が1番ですね。
浄明寺2丁目/ドナ様(40代)


自転車Good! 江ノ電も満員で乗ることができないことがあります。


子どもの参観日は俳句の時間でした。「夏休み さっぱりするには 梅ジュース」と発表。クラスは爆笑。梅ジュースってばあちゃんが暑い時に出してくれるものなので本人には普通のことなのですけど、みんなには地味すぎました。
浄明寺6丁目/koh様(40代)


いえいえ季節感たっぷりで素敵です!


先月の募集テーマより
《森友学園、加計学園新学部問題における一連の朝日新聞の報道について》


新聞は社会の公器という言葉があるが、一方では新聞は権力に対する批判勢力の代表でもある。森友、加計問題については朝日新聞の継続的な批判記事が良いと思うが、読者の声をもっと大きく扱ってほしい。
雪ノ下/亡者様(60代)


森友学園、加計学園と面白くない問題が次々と起こる中、「共謀罪法」が施行された。新聞はもっと強く、権力に対する批判をするべきだ。「朝日」にオピニオンリーダーの意識が弱いと思う。
雪ノ下/鬼の目様(80代)


掘り下げ、追求していく姿勢が見られ、応援したい気持ちです。
長谷2丁目/kaz様(50代)


我々にもよくわかるようにもっともっと詳しく報道して下さい。
浄明寺4丁目/あり様(70代)


「安保関連法」から「共謀罪法」まで権力を笠に着た安倍内閣のやり方には怒りを通り越して、悟りの境地にも似た、諦観にすっかりはまっていました。しかし6月6日付のやくみつるさんの風刺漫画で、お蕎麦屋さんの店員さんが「こちらさん、もりかけダブルで」と首相と思しき客の注文を復唱する紙面を拝見した時には思わず快哉を叫びました。客が「印象操作だ!」と怒気をあらわにしているところも実にリアルでした。一部新聞社の客観性を欠く偏った報道姿勢も気になる昨今です。朝日新聞には、国家権力の強固で閉ざされた岩盤に穴をうがつ真実のペンを大いにふるっていただき、まっとうな報道機関としての役割を引き続き担ってほしいと願っています。 
二階堂/ヒロ様(60代)


お寄せ頂いたお便りは、お客様の声として個人情報を除き朝日新聞社に報告させて頂きました。


▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

百舌/鎌倉中央